Design Ideal Life!

傷つきながらよりよくなる

映画『ボヘミアン・ラブソディ』と中学校の思い出

ふとしたキッカケで映画『ボヘミアン・ラブソディ』を見てきました。

ボヘミアン・ラブソディ』はQueenのドキュメンタリーで最後は、1985年のライヴエイドで終わります(wikipedia:ライヴエイドとは)

そして脳裏をよぎったのが、中学校の卒業文集


1985年は、自分が生まれた年。そして、中学校を卒業したのが2001年

そんな自分たちに先生が書いた贈る言葉が、20世紀の奇跡といわれたライヴエイドのこと

2001年には、たしかコンコルドが事故で廃機(廃車っていうの?)になったけど、ライヴエイドのアーティストがコンコルドで移動したこと

そういえば、そんなことが書いてあったと思う(実際に書いてあった)


中学校の文集なんて、正直ほとんど覚えてないし、振り返ることだってない。

でも、何かの拍子で出てきて、自分どどうにかしていく
(助けてくれることもあるし、イヤなことを思い出して塞ぎこみたくなることもある)

そんなことを、映画を見ながら思ったのと、


それよりも、「自分のために今を楽しく生きよう」と思って、久しぶりにプライベートの手帳を買ってしまったww

ジムも行きたいし、彼女もほしいし、遊びたいし。。。

ここ数年シゴトシゴトで忙しかったので、まずは自分の心を戻したいな、と思いました