Design Ideal Life!

傷つきながらよりよくなる

ビジネスモデルは変化してもシステム開発は変化しない?

SEとしてシステム開発していると、ときどきビジネスのスピードとのギャップを感じることがある。


十数年前、きっとシステム開発というのは、非常に特殊なものだったのだろう、と思う。

要件定義をして、開発して、テストして。。。

そのスピードは、ようは伝言ゲームになっているわけだ。。


でも、ビジネスモデルが急激に変化しているいま、それでいいのかな?とふと思う。

要件に即した画面と要件に即した帳票・・・

一方でExcelでちゃちゃっと作った資料・・・

この差は何なんだろ?


画面と帳票はずっと変わらないもので資料はよくかわるもの?

そんな区分けでいいのだろうか?と思う



いろいろ考えた。

WebシステムのインターフェースをExcelにする。

ひとつひとつ画面を作らなくても、Excelで入力を作って、DBに書き込めればいいわけ。


よくよく考えたらできそう。。


ちょっと気になるからしらべてみよう