Design Ideal Life!

傷つきながらよりよくなる

3年前の自分へ:正解なんてないんだよ、

転勤前の部署の人と一緒に仕事しているんだけど、ちょっと忙しさがヤバそう。

いつも「戻っておいでよ」って言ってくれるけど、そろそろなのかな。。。と思って、転勤のまえのメモを見てみた。


あのときもいろいろ悩んでいた。でも、今とはちょっと違うかな。

当時は、先輩たちの背中が遠いものに感じていた。

ミスにびびっていたし、正直今思って、周りがみえていなかった。


大きなプロジェクト、しっかりとした仕様書、後戻りしない開発

そんなことを考えて、そしてそれが学べると思って転勤した。


転勤して3年、今考えると、なんだかおかしい。

結局、当時の自分はどこかに「正解」というのがあって、その正解を知りたいと思っていたんだ


でもね、「正解」なんてないんだよ

いろいろ工夫して、反省して、失敗して、それで自分にあったやり方を見つけていくんだ。

あのとき、失敗しっぱなしで、先輩に助けてもらって、どっかに「正解」があると勘違いしていたようだ


今の仕事に未練がないわけではないけど、

あのとき送り出してくれた先輩の気持ちを大切にはしたい。。



でも、そういうときって上司にどういればいいんだ??