Design Ideal Life!

傷つきながらよりよくなる

自分がタスク管理を始めた理由

タスク管理を始めた理由。。。

一言で言ってしまうと、自分の生活が仕事一色になったからです。


基本的に仕事は前倒しでやる癖があります。

それそのものは悪いことではないのですが、無理して前倒ししていると、周りには余裕があるように思われるらしいです(んなアホなと思うのですが、締切直前に慌ててはいないから?かも

誰かの仕事の手伝いをして、自分の仕事に戻ったら締切ギリギリで残業+休日出勤してやる

そんなことをかれこれ1年半くらい続けてきました。

休日出勤することが苦ではなくなり、でも、休日朝会社にいて気づいちゃったんです


自分ができる分は当然やる。自分の担当分はちょっと無理してでもやる。。

でも、誰かの仕事の手伝いを無理してやっていていいんだろうか?


じゃあ、手伝いする量を適切にするには。。。。


そもそも、自分の手持ち分の仕事がどれだけあって、いつまでにやらなきゃイケナイか?

それがわかれば、手伝う量も「このくらいならできるから、やりますよ」と言えるし、無理せずにすむ


誰かが公平に(どういう基準かはわからんが)仕事を割り振ってくれるというのは、期待しないことにしました。

というか、そんなの現状は無理なことがわかっているので。。。



結局、瞬間風速的な忙しさは忙しいと言わなくてもいいわけで、実際に必要な仕事量がわかって自分の手に負えない分量なら忙しいんだろうなー

というこを、このあたりのブログを読んで思いました。

あと、もうちょい仕事内容を平準化せんと。。。