Design Ideal Life!

傷つきながらよりよくなる

新年度になったから初心に帰ろう!『あたりまえのことをバカになってちゃんとやる』

この本を買ってもう4年になります。

社会人になった年、研修で大阪にいたときに、阿倍野の本屋さんで買いました。

節目節目でよく読み直していますが、やっぱり気づき・反省する所が多いのには驚かされます。



新社会人に伝えたいこと、いや今の自分にこそ必要な3つのことがありました。


書いていることはシンプルですが、実践するのは非常にムツカシいよ~。

目の前の仕事を深いところまで掘り下げる

仕事はフローです。

必要なところは教えてもらえますし、覚えることができます。


でも、その仕事を自分の資産にするためには、仕事をこなすだけではダメ


仕事の本質は、教えてくれません。

仕事の元となっているルールを知り、今の仕事の意味を知る。


普段の仕事には関係ないけど、それがストックになり、仕事の奥行となります。


自分という蛍が一番輝く場所を選ぶ

自分に向いていないところで輝く必要はない。

でも、自分が一番輝ける場所では、努力をして、全力で輝くことです。


この本には紹介されていませんが、小宮さんの別著書のなかに、最澄の言葉が紹介されていました。

照千一隅 此則国宝(一隅を照らすもの、これ即ち国宝なり)

つねにスポットライトで照らされている人もいますが、そうでない人もいます。


それでも、自分が全力で輝くことが、自分の役割を果たす方法です。

チャンスは準備ができている人にやってくる

偶然は運命ですが、チャンスではありません。


偶然をチャンスにするためには、それなりの準備が必要です。

オフの時間に勉強をする。行動に示す。

そういうことが運命を引き寄せ、チャンスを得ることができます。

さいごに

これまで20回以上読んだ本ですが、何度読んでも気づきがあります。

「あたりまえのことをバカになってちゃんとやる」

シンプルなことです。


でも、それが難しい。